★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 将棋界史上初の外国人女流棋士であるカロリーナ・ステチェンスカ女流1級のこれまでの歩みを描いたショートアニメ「すすめ、カロリーナ。」が6月15日、公開された。アニメは、新海誠監督の劇場版アニメ「君の名は。」などの背景美術を担当したポーランド出身のマテウシュ・ウルバノヴィチさんがメガホンを取り、スタジオコロリドが制作した。

 約3分のアニメには、カロリーナさんが将棋と出会い、日本で女流棋士になるという夢をかなえて成長していく姿が描かれている。水彩画を用いたノスタルジックな雰囲気のアニメーションで、将棋の駒が騎士に変身するといったファンタジックな要素も織り込まれた内容。カロリーナさんは、大塚製薬の「カロリーメイト」と栄養スポンサー契約を結んでおり、対局中にカロリーメイトを食べる場面も描かれている。

 カロリーナさんは、1991年6月17日生まれ、ポーランド出身。プログラマーを志す傍ら、マンガで将棋に興味を持ち、ネット対戦で腕を磨いた。2013年に来日し、17年に正式な女流棋士となった。今年4月からは拠点を東京に移して活動している。

 カロリーナさんは、「ここまで10年かかったこと、私の人生のほぼ半分が将棋なんだってことを一気に思い出しました。この作品を通して、自分の夢に向かって頑張っていきたいとか、難しいことでも取り組んでみようとか、そういう気持ちの人を応援できたらすてきです。好きなことがあれば、やり続けると絶対いいことがありますから。私もこれからも将棋に集中して、もっとプロとして強くなっていきたいです。ずっと将棋をやりたいです」とメッセージを寄せている。

おすすめの記事