★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」(ロン・ハワード監督、2018年6月29日公開)の会見が6月11日、東京都内で行われ、ハン・ソロ役のオールデン・エアエンライクさん、ハワード監督と、ソロの相棒のチューバッカが劇中の190歳の姿で出席した。

 エアエンライクさんは、これまで「スター・ウォーズ」シリーズでハン・ソロ役を務めてきたハリソン・フォードさんと、フォードさんのプライベートジェットの格納庫で面会してアドバイスを受けたと明かし、「必要なことはすべて教えてもらった。(でも)内容については一切口外してはいけない、と言われています」と笑顔で明かしていた。

 映画は、大ヒットSF映画「スター・ウォーズ」シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロの若かりし頃を描いた作品。ミステリアスでアウトローでありながら、内に秘めた正義感で仲間を救ってきたソロの過去が明らかになる。相棒のチューバッカとの出会いや、「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」で自称実業家として登場したソロの悪友、ランド・カルリジアンとの遭遇、ランドの所有物だったミレニアム・ファルコンをソロが手に入れる道のりなどが描かれる。

おすすめの記事