★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 世界的人気キャラクター「くまのプーさん」を初めて実写化した映画「プーと大人になった僕」(マーク・フォスター監督、2018年9月14日公開)の日本版予告映像が7月24日、公開された。大人になったクリストファー・ロビン(ユアン・マクレガーさん)が、プーに「一緒に森の仲間たちを探してほしい」と頼まれ、懐かしい“100エーカーの森”を訪れる……という内容で、ピグレット、ティガー、イーヨーといったプーの仲間たちと再会するシーンが収められている。

 さらに映像には、クリストファー・ロビンに忘れ物を届けるため、初めて“100エーカーの森”を飛び出したプーと森の仲間たちが、クリストファー・ロビンの娘のマデリンと出会うシーンや、ロンドンの街で大奮闘する姿も描かれている。

 「くまのプーさん」は、1966年公開の短編アニメ「プーさんとはちみつ」 以来、短編や長編映画やオリジナルビデオ、テレビシリーズなど多数のアニメ作品が制作されてきた人気作。初の実写化作品「プーと大人になった僕」は、2011年公開の劇場版アニメ「くまのプーさん」で、プーさんと大親友の少年クリストファー・ロビンが「僕のことを忘れないって約束して」と誓い合い、別れた後、大人になったロビンとプーさんが奇跡の再会を果たす……というストーリー。

おすすめの記事