★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 2016年11月に公開された、一人の女性の目を通じて戦争を描いた劇場版アニメ「この世界の片隅に」(片渕須直監督)の再上映舞台あいさつが、終戦記念日の8月15日、東京都内で開かれ、主人公・すずの声優を務めた女優・のんさんと片渕監督が登場した。

 司会から「8月15日の上映をどう感じるか」と質問された片渕監督は「作品を作っている途中に『8月公開の映画だよね』と言われた。だが、それ以外は戦争のことを思い出さなくてよいのか。(主人公の)すずさんの人生も8月だけのものではないし、それを分かっていただけるのであれば、冬に(公開が)始まった方がいいんじゃないか」と11月公開の狙いを説明。そして「この映画が、いろいろな方の顔を思い出せる日の役目を担っているのであれば、ありがたい」と話した。

 のんさんは「監督とお話をしていたときに、終戦ですずさんみたいにわけも分からないけれど、涙がボロボロと出た人もいるらしい……と聞いて、自分でも説明がつかない感情があるんだなあと。すずさんの中にあるかもしれない怒りを込めて演じました」と振り返った。

 「この世界の片隅に」は、「漫画アクション」(双葉社)で連載され、2009年に「文化庁メディア芸術祭」のマンガ部門優秀賞を受賞したこうの史代さんのマンガが原作。戦時中、広島・呉に嫁いだ18歳のすずの生活が、戦争の激化によって崩れていく様子が描かれた。約30分の新規シーンが加えられた劇場版アニメ「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」が12月に公開予定。

おすすめの記事