★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 作家の村上春樹さんの短編小説を吉田羊さん主演で実写化する映画「ハナレイ・ベイ」(松永大司監督、2018年10月19日公開)の本予告映像が8月3日、公開された。映像には、息子を亡くした女性・サチを演じる吉田さんのほか、サチの息子・タカシ役の佐野玲於さん、日本人サーファー・高橋役の村上虹郎さんも登場する。

 本予告は、ハワイ・カウアイ島の美しいハナレイ・ベイの景観と、10年をかけて亡き息子を思い続け、自分自身に向き合い続ける主人公サチの姿が感動的に描かれた約1分間の映像。サチの「息子はここハナレイ・ベイで大きなサメに襲われて死んだ」というせりふから始まり、サチとタカシが口論する“親子ゲンカ”シーンや、サチと出会う日本人サーファー・高橋が波に乗る姿などを収録。サチがむせび泣く姿なども映し出される。

 映画は、村上春樹さんが2005年に発表した短編集「東京奇譚集」(新潮文庫)の一編「ハナレイ・ベイ」が原作。サーフィンに明け暮れる思春期の息子・タカシ(佐野さん)と、シングルマザーとして彼を育ててきた母親サチ(吉田さん)の姿を描く。米ハワイのハナレイ・ベイで一人息子をサーフィン中の事故で亡くしたサチは、10年間、毎年息子の命日の頃にハナレイ・ベイを訪れ、ビーチの近くの大きな木の下で海を見つめ過ごしている。その矢先、サチは若い日本人サーファーから“片脚の日本人サーファー”の存在を聞かされる……というストーリー。

おすすめの記事