★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 宮沢りえさんが出演する江崎グリコの「ポッキー」の新CM「何本分話そうかな・デビュー篇」が8月31日、公開された。新CMで宮沢さんは、転校したばかりの娘を気遣う母親を演じている。CMの主題歌はロックユニット「B’z」が担当。CMのために書き下ろしたという新曲「マジェスティック」も初披露された。CMは9月4日から放送。

 新CM「何本分話そうかな・デビュー篇」は、宮沢さん演じる母が引っ越しの片付けをしながら「娘は、私に、優しいうそをついた」と過去のやり取りを回想する場面からスタートする。母は帰宅した娘に「学校どうだった?」と声をかけるが、娘は「まぁまぁかな」と作り笑いを浮かべて自分の部屋に行ってしまう。そんな娘を見て母は「本当は、いやだったよね、転校」と心の中でつぶやく……という展開。娘役で南沙良さん、父役で大倉孝二さんが出演している。

 新CMでは、会話する時間をポッキーを食べる本数で表現した「ポッキー何本分」をテーマにしている。インタビューで「ポッキー5本分、誰かと何かをするとしたら、どんなことをしたいですか?」と聞かれた宮沢さんは「私の娘もポッキーが大好きなので、真っ先に浮かぶ相手は、やっぱり娘ですね。あと、もう少し想像力を膨らませると、ポッキー5本分、天国にいる誰かとしゃべりたい――そんな夢も浮かんできます。また母親と会って、いろいろ話したいと思うことがよくあるので。普段なかなか話せない人と、時間を共にすることもいいなと思いますし、一番身近にいる愛する存在の娘とそういう時間を過ごすことも、とても豊かだなと思います」と思いを語っている。

おすすめの記事