★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 元「でんぱ組.inc」の最上もがさんが8月15日、東京都内で開かれたKDDIの電子書籍サービス「ブックパス」のキャンペーンサイト「ぺちゃくちゃ書店」のイベントに登場。マンガ好きで知られる最上さんは、伊東美咲さんと亀梨和也さんのダブル主演でドラマ化もされたおかざき真里さんのマンガ「サプリ」(祥伝社)を読んだ感想を語った。

 「サプリ」は、恋愛と仕事に悩む大人の女性を描いたマンガで、仕事を最優先していた主人公の女性会社員が、恋人と別れてから失ったものの大切さに気付くシーンがある。最上さんは「マンガは働く女性の孤独感が描かれていて、読んでいてへこんだし、分かると思った。僕も優先順位は一番が仕事。家族を持ったらそっちが優先になるかもしれませんが、今は優先すべきは仕事。でも仕事を頑張った後に一人でいると、それが孤独につながるのかなあ……」と語った。

おすすめの記事