★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 4月11日に強風で倒れた看板の下敷きになり、脊髄(せきずい)損傷で両足にまひが残ったアイドルグループ「仮面女子」の猪狩ともかさんが8月26日、仮面女子カフェ(東京都千代田区)で開かれたイベントで約4カ月ぶりに復帰した。猪狩さんはイベント最後にメンバーと共にステージに現れると、車椅子のままで踊りを披露し、涙を見せながらファンにあいさつした。9月9日にメットライフドーム(埼玉県所沢市)で開催される西武対ロッテの始球式に出席、パラスポーツへの挑戦も明らかにした。

 パラスポーツについて猪狩さんは「パラスポーツのことを知っていきたい。どの種目にするかは(正式な)退院後に調整して決めたいと思います」と説明。「球技は苦手なんです。見るのは好きなんですが。運動神経がよくないので」といいながらも、「(苦手でも)チャレンジ精神で……」と笑顔を見せていた。

 また仮面女子の新曲(年末発売予定)の作曲にも挑戦する。猪狩さんは「悩みごとがあって下を向いてしまう。そんな人を応援するような曲を作れたらいいなと思います。精いっぱい頑張ります」と力を込め、「猪狩ともかは、前を向いて生きていこうと思うので、夢をかなえていく姿を見てほしいなと思います。猪狩ともか、仮面女子のことをよろしくお願いします」と呼びかけた。

 猪狩さんは事故後、車椅子生活となったが、「もう一度ステージに立ちたい」という強い意志もあり、リハビリを続けて芸能活動への復帰を目指していた。

おすすめの記事