★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 4月11日に強風で倒れた看板の下敷きになり、脊髄(せきずい)損傷で両足にまひが残ったアイドルグループ「仮面女子」の猪狩ともかさんが8月26日、仮面女子カフェ(東京都千代田区)で開かれたイベントで約4カ月ぶりに復帰した。猪狩さんはイベント最後にメンバーと共にステージに現れると、車椅子のままで踊りを披露し、涙を見せながらファンにあいさつした。

 猪狩さんは「この(ステージからの)景色を見ると、(言いたいことが)飛んじゃったような……。改めましてただいま!」とあいさつ。「脊髄損傷といわれても、現実離れして理解できなかった。何で私がこんな思いをしなければいけないんだろうと思ったこともありますが……」と語りながら、「毎日皆さんが力強い声援を送ってくれて、待っていると言ってくれて、私には帰る場所があるんだと思えたのが、ものすごく大きな力になり、リハビリを頑張る原動力になっていました。今の私があるのは、皆さん(ファン)のお陰です」と感謝の言葉を述べた。

 猪狩さんは事故後、車椅子生活となったが、「もう一度ステージに立ちたい」という強い意志もあり、リハビリを続けて芸能活動への復帰を目指していた。

おすすめの記事