★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の観月ありささんが、3D劇場版アニメ「モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?! 」(ゲンディ・タルタコフスキー監督、2018年10月19日公開)に日本版声優として出演することが8月24日、分かった。観月さんは海外の劇場版アニメの吹き替え初挑戦。

 観月さんが演じるのは、主人公のドラキュラが恋するミステリアスなクルーズ船の船長・エリカ。実はドラキュラのかつての宿敵であるヴァン・ヘルシングのひ孫で、ドラキュラの命をひそかに狙っている……という役どころ。

 同作は、2012年公開の「モンスター・ホテル」、2016年公開の「モンスター・ホテル2」の続編。世界中からモンスターたちが癒やしや憩いを求めてやってくるモンスター・ホテルを舞台に、ホテルを代々切り盛りしているドラキュラとその娘メイヴィス、人間のジョナサン、そしてモンスターの仲間たちの姿を描いた。日本語吹き替え版ではドラキュラ役を声優の山寺宏一さんが、メイヴィス役を川島海荷さんが、ジョナサン役をお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾さんが演じており、それぞれ今作でも同役を続投する。

 第3弾となる今作では、365日ホテルで働きっぱなしのドラキュラを見かねたメイヴィスが、家族旅行としてモンスターご用達の豪華客船クルーズを提案。はじめは乗り気ではなかったドラキュラだが、ミステリアスな船長・エリカに出会い、恋に落ちてしまう。彼女に不信感を抱くメイヴィスは父を止めようとするが……というストーリー。

おすすめの記事