★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 誕生35年を迎える人気マンガ「北斗の拳」の第1話(48ページ)を刻んだ総重量約1トンの石版48枚が9月13日、公開された。

 同日、東京都内で「北斗の拳」の出版35周年記念イベント「伝承式」が開催。「1万年伝承される北斗の拳」というコンセプトで制作された石版が披露された。マンガの石版1ページあたりの大きさは、縦が約49センチ、横が約35センチ、厚さが約3センチ。黒御影石(みかげいし)に絵を印刷した特殊なフィルムを張り付け、専用の機械で砂を吹きかけながら削って制作。マンガの48枚以外にも、35周年の描き下ろしビジュアル(1枚)、「北斗の拳」の35周年記念楽曲「202X(トゥーオートゥーエックス)」の譜面(1枚)もあり、合わせて公開された。

 石版は14~19日にキラリナ京王吉祥寺(東京都武蔵野市)で展示される。その後、一部の石版はチャリティーオークションに出品され、収益金は北海道地震などの被災地支援にあてられる。

 「北斗の拳」は、1983~88年にマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された武論尊(ぶろんそん)さん原作、原哲夫さん作画のマンガ。暴力が支配する核戦争後の世界を舞台に、伝説の暗殺拳「北斗神拳」の伝承者ケンシロウが、兄でもある“覇王”ラオウら強敵たちと拳を交えて戦う……というストーリー。

 この日のイベントには、武論尊さん、原さん、「202X」を手掛けたミュージシャンの布袋寅泰さんも出席した。石版が公開されると原さんは見入り、武論尊さんは「不思議な感覚だね」と話していた。

おすすめの記事