★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 20代女性を対象にした「第2回ミス美しい20代コンテスト」の受賞者が決定し、愛知県出身でモデルとして活動している川瀬莉子さん(21)がグランプリに選ばれた。9月27日、東京都内で受賞者のお披露目記者発表会が行われ、登場した川瀬さんは「グランプリとして立っていることが夢のようです」と喜びを語った。

 川瀬さんは、地元でモデルをしており、上京するときにコンテストの告知を見つけて応募した。憧れの人を質問されると「オードリー・ヘプバーンさんです。亡くなられた今でも有名で愛されていて、オードリーさんのようなすてきな女優になりたい」と語った。

 コンテストは、後藤久美子さんや米倉涼子さん、上戸彩さんらが所属する芸能事務所のオスカープロモーションが主催し、20代の女性を対象にしたのが特徴。第1回は2016年に開催された。今回は3万1261通の応募の中から、第1、2次審査、最終審査を経て最終選考に残った15人から選ばれた。グランプリには賞金300万円が贈られ、映画やテレビドラマの出演、雑誌デビューが決まった。受賞者は、同事務所に所属する。

 準グランプリには、大阪府出身の遠藤菜摘さん(22)が選ばれた。審査員特別賞は大阪府出身の豊田百佳さん(22)と静岡県出身の吉倉菜美さん(24、mysta賞とダブル受賞)、モデル賞は愛知県出身の都筑千穂さん(22)、グラビア賞は宮城県出身の鈴木佳奈さん(22)が受賞した。

おすすめの記事