★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 映画パーソナリティーの伊藤さとりさんが、今おすすめしたい映画を選び、作品の魅力を語りつくす番組「映画が好きすぎて」。第16回は「1987、ある闘いの真実」(チャン・ジュナン監督、2018年9月8日公開)と「純平、考え直せ」(森岡利行監督、2018年9月22日公開)をピックアップ。前回に引き続き、スペシャルゲストとして、「純平、考え直せ」の森岡監督も登場し、作品の見どころを語った。

 映画「純平、考え直せ」は、新宿・歌舞伎町のチンピラ、坂本純平(野村周平さん)が主人公。純平は、いつか“一人前の男”になることを夢見ながら、組の雑用に追われる日々を過ごしていた。ある日、対立する組の幹部の命をとってこいと言われ、気負い立つ純平は、退屈を持て余していた会社員の加奈(柳ゆり菜さん)と一夜を共にし、つい“鉄砲玉”になることをもらしてしまう。純平の情熱にあきれながらも、不思議な胸の高鳴りを覚えた加奈は、純平に「鉄砲玉なんかやめて、一緒に逃げようか」と話す。純平が聞く耳を持たなかったため、加奈はSNSに相談する……というストーリー。

おすすめの記事