★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 青山剛昌さんの人気マンガが原作の「名探偵コナン」の劇場版アニメ22作目「名探偵コナン ゼロの執行人」(立川譲監督)の4Dアトラクション版が10月19日から上映されることが18日、明らかになった。「名探偵コナン」の4Dアトラクション版が上映されるのは2016年公開の20作目「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」以来で2度目。11月8日まで。

 4D版では、驚異のドライビングテクニックを誇る安室透のカーアクションに合わせて、座席が揺れるなどの演出を楽しめる。原作者の青山さんは「4Dで安室の車の助手席に!? 遠慮します(笑い)」とコメントを寄せている。

 「名探偵コナン」は、小学生探偵の江戸川コナンが、次々と起こる難事件を解決する姿を描いている。1994年から「週刊少年サンデー」(小学館)で連載中で、96年からテレビアニメが放送され、97年からは劇場版アニメも製作されている。「ゼロの執行人」は、コナンと謎の男・安室透が、毛利小五郎の逮捕を巡って敵対する。興行収入がシリーズ最高の87億円を突破するなど人気を集めている。

おすすめの記事