★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 大和和紀さんの人気少女マンガが原作の劇場版アニメ「はいからさんが通る」の後編「劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~」(城所聖明監督、2018年10月19日公開)の本予告が9月19日、公開された。戦地シベリアで消息不明となった伊集院忍少尉を追いかけ満州に向かった花村紅緒は、結局手がかりをつかめめないまま日本へ帰国。そんな紅緒の前に、少尉とうり二つのロシアからの亡命貴族のサーシャ・ミハイロフ侯爵が現れる。紅緒役の声優の早見沙織さんが歌う主題歌「新しい朝」も流れる。

 「はいからさんが通る」は、大正時代を舞台に、剣道が特技でじゃじゃ馬な“はいからさん”こと花村紅緒と婚約者・伊集院忍の恋を描いたラブコメディー。1975~77年に「週刊少女フレンド」(講談社)で連載され、第1回講談社漫画賞少女漫画部門を受賞。78~79年に全42話のテレビアニメが放送されたほか、87年に南野陽子さん、阿部寛さん主演の実写映画が公開された。79、85、2002年にテレビドラマも放送された。

 劇場版アニメの新作は、連載40周年を記念した企画で、約38年ぶりにアニメ化。前後編で前編「はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」が17年11月に公開された。早見沙織さんが主人公・紅緒、宮野真守さんが少尉を演じるほか、櫻井孝宏さん、中井和哉さん、梶裕貴さんらも声優として出演する。

おすすめの記事