僕は大学時代、仕送りもなく一人暮らしをしていたので、いわゆる極貧生活を送っていました。もちろんご飯は全て自炊でした。
その当時、なぜか僕はめちゃくちゃご飯をたくさん食べるタイプだったので、安くてお腹いっぱいになる料理ばかり食べていましたね…
今日の動画では麻婆豆腐さんが活躍していましたが、大学生の僕もかなりお世話になっていました。安い・味が濃い・すぐ作れるという3拍子揃った名選手で、今でも大好物です。
今日は、極貧の皆さんに僕が日常的に食べていた大学生めしを伝授していきたいと思います。テーマは「如何にしてご飯を一合食うか」です。

1.ツナ缶の醤油マヨネーズかけ
大学生にとってツナ缶は超高級食材です。シャトーブリアンと同じくらいの価値があります。
じゃあみなさんシャトーブリアンを色々料理して食べますか?食べませんよね?せいぜい焼くだけですよね?
というわけで、このツナ缶もそのまま食べます。缶を開けて、中に醤油をダポダポに注ぎ込みます。この缶半分くらいでご飯を一合食べられるので、一旦ラップをかけてしまっておきましょう。
さて、家に帰ってくるとツナが醤油を吸って黒々としています。ここでマヨネーズを大量に追加し、身をほぐしていきましょう。これでさらに一合食べられます。

2.目玉焼き丼
そう、別にマヨネーズと醤油があればご飯なんていくらでも食べられるのです。ただ、ご飯に直接マヨをかけるのだけは、いくら極貧と言えどもプライドが許しません。
そこで、半熟の目玉焼きを2つくらい焼いてご飯の上に乗せ、崩しながらマヨと醤油をかけることにより、あたかも「自分はちゃんと料理を食べているんだぞ」と自分を騙すことができます。お金がなくとも自尊心だけは売ってはいけないのです。

3.ラーメンの残り汁リゾット
たまに、お米を一合食えるほどではない料理を生み出してしまったとき、微妙にご飯が残ってしまいます。これは冷凍しておくのですが、マジで微妙な量なので使いづらいです。
そこで活躍するのが袋ラーメンです。大学生ともなると袋ラーメンを一袋食べたくらいでは全くお腹がいっぱいになりません。そこで、その残り汁に解凍したご飯をぶち込み、しばらく煮るといい感じにお米が膨らんできます。
ただ、このままだと見た目がちょっとゴミすぎるので、チーズを加えたりだとか、ネギとゴマを加えたりして、これまた「これは雑炊orリゾットだ」と自分に言い聞かせるのです。

さて、いかがだったでしょうか。「気持ち悪っ」と多くの皆さんは思うことと思いますが、大学生の一人暮らしはこんなもんです。プライドは切り売りしていくしかないのです。ただ、最後の最後の自尊心は守りましょう。

そして皆さんはさらにこう思うことでしょう。

「今日の概要欄長くね?」

はい、僕もそう思っています。

(編集:虫眼鏡)

どうも、東海オンエアです。
ぜひチャンネル登録お願いします!

サブチャンネル【東海オンエアの控え室】もぜひチャンネル登録してね!!!
https://www.youtube.com/channel/UCynIYcsBwTrwBIecconPN2A

グッズ購入はこちらから!!
https://goo.gl/YtauZW

お仕事の依頼はこちらから
https://www.uuum.co.jp/inquiry_promotion

ファンレターはこちらへ
〒106-6137 東京都港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 37階UUUM株式会社 東海オンエア宛

【Twitterアカウント】
てつや→https://twitter.com/TO_TETSUYA
としみつ→https://twitter.com/TO_TOSHIMITSU
しばゆー→https://twitter.com/TOKAI_ONAIR
りょう→https://twitter.com/TO_RYOO
ゆめまる→https://twitter.com/TO_yumemarucas
虫眼鏡→https://twitter.com/TO_ZAWAKUN

おすすめの記事