★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の松雪泰子さんが、ジュエリー業界が選ぶ「第6回ウーマン オブ ザ イヤー」に選出され、8月29日、東京都内で行われた授賞式に出席した。松雪さんは、イタリアのハイジュエラー「ピキョッティ」の3億456万円というルビー×ダイヤモンドのネックレスを身に着けて登場した。

 普段はジュエリーをあまり着用しないといい「ジュエリーはお守りみたいな要素が強いと思うので、特別なときに着けています」とにっこり。「二十歳ぐらいのとき、母からルビーのピンキーリングをプレゼントしてもらって。お誕生日やお食事に行くときに身に着けています」とジュエリーにまつわる思い出を語った。

 「ウーマン オブ ザ イヤー」は、UBMジャパンと日本ジュエリー協会が、ジュエリーの輝きのように「最も美しく生きている女性」をコンセプトに、文化・芸能・スポーツ界から選出。過去には米倉涼子さん、永作博美さん、石原さとみさん、上戸彩さん、木村文乃さんが受賞した。

おすすめの記事