★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 俳優の井浦新さんが9月20日、東京都内で行われた映画「止められるか、俺たちを」(2018年10月13日公開、白石和彌監督)の完成披露上映会に登場。白石監督が、2012年に死去した師匠の故・若松孝二監督を題材に描いた同作で、井浦さんは若き日の若松監督役を演じた。

 「止められるか、俺たちを」は、1969年に若松プロダクションの門をたたいた助監督・吉積めぐみ(門脇麦さん)の目線から、映画人たちの生きざまを描く青春群像劇。若松監督の作品に出演した経験のある井浦さんが、若き日の若松孝二役を務めたほか、若松プロのメンバーである実在の映画人たちも、多数登場する。この日は、井浦さんのほか、門脇さん、白石監督も出席した。

 白石監督は「企画としては禁断の企画でしたが、吉積めぐみさんという大先輩の存在に気づいて、いても立ってもいられなかった。これほどの衝動を持って撮った映画はない」と熱い思いを語った。「若松監督に会ったことはない」という門脇さんは「だからこそ言える。今から見ると、暑苦しかったり泥臭かったりするかもしれないけれど、必死にもがきながら生きることってかっこいい。これぞ青春キラキラ映画!」と明るくPRして、会場の笑いを誘っていた。

おすすめの記事