★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 俳優の吉田鋼太郎さんが10月25日、優れたテレビドラマを表彰する「東京ドラマアウォード2018」の授賞式後の会見に出席した。ドラマ「おっさんずラブ」でピュアすぎる乙女心を持つ“おっさん上司”の黒澤役を演じ、助演男優賞を受賞した吉田さんは「ここに立たせていただくと、たくさんの俳優がいらっしゃるのに、なぜ僕がここにいるんだろうと恐縮します。でもうれしいです。名誉なことだと思います」と感激を表した。

 吉田さんは演じた黒澤役について「(撮影に)入る前は演じたことがない役柄なので、緊張したし、どう演じようか少し悩んだ」と告白。「自分の性格が女性っぽいんですね、わりとじめじめした性格なので。家で思いを打ち明けられずにひきこもっていたり」と意外な一面を吐露し、「(黒澤の)そういう気持ちが、大変よく分かる気持ちだったので、途中から自分の性格でやればいいんだなと気づき始めまして、それほど役作りで苦労した感じはないです」とジョーク交じりに笑顔で語った。

 「おっさんずラブ」は、女好きだがモテない33歳の主人公・春田創一(田中圭さん)が、ピュアすぎる乙女心を隠し持つ上司・黒澤武蔵(吉田さん)と、イケメンな後輩の牧凌太(林遣都さん)に迫られるラブストーリー。2016年12月に深夜の単発ドラマとして放送され、今年4月から連続ドラマとして放送された。第6話と最終第7話の放送時に、Twitterで「#おっさんずラブ」が世界のトレンド1位となったことも話題となった。

 今回、田中さんが主演男優賞に選ばれたほか、吉田さんが助演男優賞を受賞し、作品賞「連続ドラマ部門」のグランプリに選ばれ、3冠となった。

 「東京ドラマアウォード」は、「世界に見せたい日本のドラマ」をコンセプトに、優れたテレビドラマを表彰する賞で、今年で11回目。17年7月~18年6月に放送されたドラマが対象。「アンナチュラル」(TBS系)の石原さとみさんが主演女優賞、「陸王」(TBS系)の阿川佐和子さんが助演女優賞を受賞した。単発ドラマ部門の作品賞は、宮崎あおいさん主演で、葛飾北斎の娘・お栄の半生を描いた「眩(くらら)~北斎の娘~」(NHK)がグランプリに輝いた。

おすすめの記事