★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 俳優の志尊淳さんが10月11日、東京都江東区の「亀戸香取神社」で主演映画「走れ!T校バスケット部」(古澤健監督、11月3日公開)のヒットを祈願した。高校の弱小バスケ部の奮闘を描いた映画にちなんで、ユニホーム姿で祈願をした志尊さんは「非常に身が引き締まる思い。バスケットボールというスポーツを題材とした映画をやらせていただきました。僕らが練習した日々が(演技に)反映していると思うので、たくさんの方々に届くよう祈らせていただきました」と語った。

 「スポーツ振興の神」をまつっている同神社は、多数のアスリートが参拝に訪れることでも知られており、祈願を終えた早見あかりさんは「こういった(スポーツと縁がある)場所で祈願をさせていただき、ドキドキしました。映画を皆さんに見ていただけらと思います」とにっこり。佐野勇斗さんは「撮影していたのが1年前。久しぶりにみんなで集まりました。当時を思い出しながら祈願させていただきました」と目を輝かせていた。イベントには、戸塚純貴さん、佐藤寛太さん、鈴木勝大さん、西銘駿さん、阿見201さんも出席した。

 映画は、松崎洋さんの小説が原作。中学時代、バスケ部のキャプテンだった田所陽一(志尊さん)は、強豪の私立白瑞(はくすい)高校に入学するが、部内で激しいいじめに遭い、自主退学する。「二度とバスケはしない」と誓い、通称T校と呼ばれる多田野高校に編入したが、連戦連敗の弱小バスケ部から勝負を挑まれ、そのまま入部することに。そこで陽一は、キャプテンの俊介(佐野さん)をはじめ、個性的なチームメートと出会い、仲間とのバスケの楽しさを思い出す。そして迎えたウインターカップ。因縁のライバル・白瑞を相手に、弱小バスケ部は勝利を手にすることができるのか……というストーリー。

おすすめの記事