★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 俳優の松山ケンイチさんが10月18日、東京都内で開かれたドラマ「聖☆おにいさん」の特別上映会に登場。イエス役の松山さんは、ブッダ役の染谷将太さんについて「(ドラマを)子供と見ていたのですが、染谷君のブッダを見たとき、『すごい!お地蔵さんに似ている。耳がビヨーンとなっているよ』と言っていました。確かにその通りで、よくこの人の前で(笑わずに)芝居をしていたなあ。そう考えると、染谷君のブッダは神がかっていて、表情を見ると拝みたくなります」と話していた。

 イベントには、松山さん、染谷さん、福田雄一監督、製作総指揮を担当した山田孝之さんが登場。作品にちなんで、「今日の4人で最も神に近い人は?」という質問に、松山さん、福田監督、山田さんの3人が染谷さんと回答。福田監督は「(染谷さんが出演した映画『空海-KU-KAI-美しき王妃の謎』の)空海のイメージが強くて。神々しい役が多い」、松山さんは「あまり笑わないところ。煩悩があったら笑っちゃいますよ」、山田さんは「見ての通りの目。どうしてこういう表情になるのか」と話していた。

 「聖☆おにいさん」は、中村光さんがマンガ誌「月刊モーニング・ツー」(講談社)で連載中のマンガが原作。世紀末を無事に乗り越えたブッダとイエスが、下界でバカンスを取ろうと、東京・立川のアパートでルームシェアを始める……というストーリー。動画配信サービス「ピッコマTV」で配信中。

おすすめの記事