★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 俳優の豊川悦司さんが「第31回日本メガネベストドレッサー賞」を受賞し、10月22日、東京都内で行われた表彰式に出席。9月末まで放送されたNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「半分、青い。」で、サングラスがトレードマークの人気マンガ家・秋風羽織を演じ、話題を集めた豊川さんは、「日本アカデミー賞をもらうよりもうれしく思います」と喜びを語った。

 この日の豊川さんは、「半分、青い。」出演時と比べると、若干短めながら肩にかかるくらいの長髪に“色つきメガネ”という、秋風先生風を彷彿(ほうふつ)とさせるルックスで登場。壇上では数種類のメガネをプレゼントされ、サングラス姿でおちゃめにポーズを決める一幕もあった。

 また、先々でメガネを購入するほどのメガネの収集家だといい「とても歴史のある素晴らしい賞をいただけて、心からうれしく思います」とにっこり。「ご紹介にもありましたが、メガネが大好きで。見るとどうしても買っちゃうんですよね。かけるというのもそうなんですけど、メガネの持っている独特の形が大好きで、シンプルで独特の形(のメガネ)を持っておきたいと思うんですよね」とメガネ愛を語った。

 「メガネベストドレッサー賞」は、業界関係者からの支持に基づいて選考し、「メガネの最も似合う人」を表彰。豊川さんは「芸能界部門」で受賞した。「文化界部門」はフリーアナウンサーの加藤綾子さん、「サングラス部門」はモデルでタレントのダレノガレ明美さんに贈られ、今後メガネをかけて活躍してほしい人に贈られる「特別賞」はアイドルグループ「モーニング娘。’18」が選ばれた。

 加藤さんは「メガネのイメージないですよね」と照れ笑い。「メガネをしてカメラの前に立つ機会がなくて、(受賞に)不安になったんですが、正直な話、視力が良くて」と明かしつつ、「社会人になってから、通勤中にメガネをするようになって。ファッションとして年々、楽しんでします。(これまでは)自信がなかったんですが、今日をきっかけにメガネを楽しみたいと思います」と笑顔を見せた。

 そのほか「政界部門」で石井啓一国土交通大臣、「経済界部門」でニトリホールディングス代表取締役会長の似鳥昭雄が受賞した。

おすすめの記事