★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 “バブリーダンス”で話題の大阪府立登美丘高校ダンス部のキャプテンだった伊原六花(いはら・りっか)さんが11月10日、東京都内で「伊原六花2019年カレンダー」(トライエックス)の発売記念イベントを開催。イベント前の会見で「今年を漢字一文字で表すと?」と聞かれ、「『変』。変わるっていう字ですかね。本当に180度変わった」と充実の1年を振り返った。

 伊原さんは、今年から本格的に芸能活動をスタート。「すてきな方にたくさん出会って、初めてのことをたくさん経験させていただいて、これからのことを自分の中でも考えられるようになってきた」と笑顔を見せた。

 7月に放送された女優の土屋太鳳さん主演の連続ドラマ「チア☆ダン」(TBS系)で女優デビューを果たし、「一番初めのドラマで皆さんとすごく仲良くさせていただいて、何でも相談できる人たちに出会えた」と仕事を通じての出会いに感謝。「大変だったことはないって言ったら自信満々に聞こえますが、全部楽しくて勉強になることだった。もしかしたらこれから大変なのかもしれない」と語った。

 来年は「(女優の)お仕事をずっとしていきたいと強く思うので、いただいたチャンスや出会った方々を大切にして、一つ一つステップアップできる一年にしたい」といい、「いじめっ子役をやってみたいですね。『この作品ですごく嫌いになった』と言われる人がいますが、それはその人がちゃんその役になれているということだと思います」と語っていた。

 プライベートでやりたいことについては、「バンジージャンプがしたい。スカイダイビングとか登山がしたい。(高いところが)好きなのかもしれないです」と笑顔で明かしていた。

 カレンダーは2500円(税抜き)で発売中。

おすすめの記事