★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 俳優の佐藤健さんが11月23日、東京都内で行われた山田孝之さんの主演映画「ハード・コア」(山下敦弘監督)の公開初日舞台あいさつに登場した。イベント中に突然、山田さんから「しゃべっているところを横から見ていたんだけど、カッコいいなあって」と言われ、佐藤さんは「(山田さんの)アプローチの仕方が綾野剛(さんに対するもの)と一緒なんです。綾野剛が俺(の立場)で」と返していた。

 佐藤さんは、山田さんから「最近、髪が伸びて(前髪を)上げているじゃないですか。下ろしている姿しか見ていなかったから本当に男前だな」と絶賛され、照れ笑い。また、作品にちなんで「ハードな生き方」について聞かれた佐藤さんは「この人(山田さん)ほどハードに生きている人はいない。すべてにおいて一生懸命。役に入り込むときの深度の次元が違うんです。今回も本番中に気を失ったりして。そこまではいけない」とコメント。山田さんは「いや、いかなくていいよ」と笑顔を見せていた。舞台あいさつには、共演の荒川良々さん、山下監督、劇中に登場した謎のロボット・ロボオも登場した。

 「ハード・コア」は、狩撫麻礼(かりぶ・まれい)さん原作、いましろたかしさん作画のマンガ「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」が原作で、山田さんはプロデューサーも務めた。都会の片隅で決して豊かでも恵まれてもいない日々を送る、正真正銘のアウトローの権藤右近(山田さん)と素朴な友人・牛山(荒川さん)、そして2人の面白くも無為な日々を歯がゆい気持ちで見守ってきた右近の弟・左近(佐藤さん)が、やがて破天荒な事件に巻き込まれ、人生が一変するやもしれない事態に直面する……というストーリー。

おすすめの記事