★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 俳優の山田孝之さんが11月23日、東京都内で行われた主演映画「ハード・コア」(山下敦弘監督)の公開初日舞台あいさつに登場した。撮影中は、睡眠時間がないほど忙しかったといい、山田さんは「ずっと大変でした。ずっとハードでした」と振り返った。また、撮影中にドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズのイベントがあり、「それ(イベント)までグッズの確認とかをやっていたから、本当につらかった……」と明かした。

 作品にちなみ「ハードな生き方」について聞かれた山田さんは「ハードだなと思います、人生。なんでこんなに大変なんだろうといつも思っていますけど、やりがいがあるし、楽しいですよ。勝手な使命感でやらなきゃいけないと。そこに喜びや楽しみがあってやっているので、仕方がないのかなって。早死にする人の典型ですよね……」と話し、観客の笑いを誘っていた。舞台あいさつには、共演の佐藤健さん、荒川良々さん、山下監督、劇中に登場した謎のロボット・ロボオも登場した。

 映画は、狩撫麻礼(かりぶ・まれい)さん原作、いましろたかしさん作画のマンガ「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」が原作で、山田さんはプロデューサーも務めた。都会の片隅で決して豊かでも恵まれてもいない日々を送る、正真正銘のアウトローの権藤右近(山田さん)と素朴な友人・牛山(荒川さん)、そして2人の面白くも無為な日々を歯がゆい気持ちで見守ってきた右近の弟・左近(佐藤さん)が、やがて破天荒な事件に巻き込まれ、人生が一変するかもしれない事態に直面する……というストーリー。

おすすめの記事