★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 歌手で俳優の星野源さんが声優を務める長編パペットアニメーション「ちえりとチェリー」(中村誠監督)が、2019年2月15日から全国公開されることが11月29日、明らかになった。同作は16年から、各地域で実行委員会を立ち上げて上映する「スローシネマ」という形式で上映されてきたが、3年たった現在もチケット完売が続出していることや、観客からの「もっと多くの人にこの作品を知ってもらいたい」という声を受け、今回、全国での公開が決定した。

 同作は「劇場版 チェブラーシカ」などを手掛けた中村監督によるオリジナル作品。小学6年生の女の子のちえりは、幼い頃に父を亡くし、母親と二人暮らし。そんなちえりの唯一の友人は、蔵で見つけたボロボロのぬいぐるみ“チェリー”。チェリーはちえりの空想の中では父親の代わりで、ふたりはいつも一緒にいた。そんなちえりが久しぶりに祖母の家を訪れると、そこでは野良犬が出産をしようとしていた。しかし、生まれてくる子犬を狙ってカラスや、不思議な怪物「どんどらべっこ」がやってくる。友達になった猫の「クイーンエメラルド」とねずみの「ねずざえもん」と共に、ちえりとチェリーは子犬の命を守りきることができるのか……というストーリー。

 主人公のちえりの声を声優の高森奈津美さんが担当し、チェリー役を星野さん、ちえりの母親役を女優の尾野真千子さんが務める。このほか、栗田貫一さんやお笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきおさん、富澤たけしさんも出演する。

 ポスタービジュアルと予告編も公開された。ビジュアルには、青空の下、チェリーを抱えるちえりの姿が写し出され、予告編ではちえりとチェリーが冒険を繰り広げる場面や、チェリーがちえりに語りかける様子などが収められている。

おすすめの記事