★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 テニスプレーヤーの松岡修造さんが11月22日、東京都内で行われたパラリンピックドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」(WOWOW)シーズン3のトークイベントに登場。「幸せをつかむために、自分らしくいるには何が必要か」という松岡さんの問いかけに、ゲストのリオ五輪競泳200メートルバタフライの銀メダリスト、坂井聖人選手が、「何事もモチベーションが大事で、(自分の場合)何かと考えたとき恋。ラスト50(メートル)の追い上げをするには、恋だなって。オリンピックの時も恋をしていました」と打ち明けた。松岡さんは「俺から言わせれば、恋愛も大事。でも一番大事なのは……自分に恋しろ!」と活を入れた。

 イベントは松岡さんが司会を務め、パラリンピック水泳史上、最多メダルを獲得している金メダリストのダニエル・ディアス選手(ブラジル)、同じく水泳金メダリストのエリー・コール選手(豪州)、坂井選手が登場して、「OPEN TOKYO Talk~東京2020に向けて」と題されたトークセッションが行われた。

 坂井選手の「恋は大事だと思います。恋していると何事にも気合が入ります」という発言に、「何を急に(笑い)。大丈夫か? いろんな人が聞いているから雑誌やネットに出るよ。恋にもいろいろあるけど“何恋”? “水泳恋”?」と松岡さんはフォロー。しかし、「恋愛の方で」と断言する坂井さんに「かばったつもりなんだけど……」と松岡さんは苦笑い。最後は「大事なのはいつも笑顔でいよう。そして自分を信じよう。そして自分に恋しよう!」と熱いメッセージを投げかけていた。

 「WHO I AM」は、IPC(国際パラリンピック委員会)とWOWOWが共同で立ち上げたパラリンピックのドキュメンタリーシリーズ。リオパラリンピックの2016年から東京大会が開催される2020年までの5年間、世界最高峰のパラアスリートたちの生きざまに迫っていく。シーズン3(全8話)は毎週木曜午後10時からWOWOWプライムで放送中。

おすすめの記事