★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 「アプガ」の愛称で人気のアイドルグループ「アップアップガールズ(仮)」の新井愛瞳(まなみ)さんが12月1日、東京都内で行われた映画「猫カフェ」(沖田光監督)の初日舞台あいさつに登場。劇中で、妹分グループ「アップアップガールズ(2)(かっこにき)」の吉川茉優さん、高萩千夏さん、橋村理子さんと共演した新井さんは「高萩が結構強い口調で私を怒るシーンがある」と、撮影を振り返った。

 映画は、猫に囲まれながら客の相談に乗り笑顔になってもらうという一風変わった「猫カフェ」を舞台に、「ラブライブ!」の小泉花陽役などで知られる声優の久保ユリカさんが演じる店主と猫、そして客の間で起こる“小さな奇跡”が描かれる4編のオムニバス作品。新井さん、吉川さん、高萩さん、橋村さんの4人は、Episode01で劇中のアイドルグループ「星屑少女団」のメンバーを演じた。この日は4人のほか、沖田監督、池内万作さんも登場した。

 吉川さんは「アイドルがアイドルを演じる貴重な体験で、劇中では(先輩の)新井さんが後輩の立ち位置だったので新鮮でした」と説明。新井さんは、怒られるシーンで「ここぞとばかりに(高萩さんが)『やってやろう』という感じでくるもんだから『おうおうおう』と思った」と苦情を言うと、高萩さんは「普段(強気で)いけないことをドカンと(やった)。そういう時にしか先輩の上に立つことができないんで」とニンマリ。しかし「(怒るシーンの)新井さんの目が怖すぎて、終わった後ちょっとビクビクしていました」と、後悔している様子で「普段は怒らない、優しい先輩です」とフォローして、会場の笑いを誘っていた。

おすすめの記事