★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 浅田次郎さんの小説「輪違屋糸里」を実写映画化した「輪違屋糸里 京女たちの幕末」(加島幹也監督、12月15日公開)の完成披露上映会が11月30日、東京都内で行われ、俳優の溝端淳平さん、塚本高史さん、佐藤隆太さん、女優の松井玲奈さん、加島監督が登場した。主人公の友人の芸妓(げいこ)・吉栄を演じた松井さんは、恋人の新撰組隊士の平山五郎を演じた佐藤さんについて聞かれると「ベストオブ気さくな人!」と絶賛し、佐藤さんを恐縮させていた。

 松井さんは「(佐藤さんは)このままなんですよね。明るくて、今まで会ってきた人の中で一番気さく」と話したが、「お芝居が始まったら、もう(役柄の)五郎さんで、カッコよかったです。頼りがいのある男性だなと思いました」とほれぼれ。一方、佐藤さんは松井さんの絶賛に「とんでもございません!」と頭を下げ、「楽しかった! 2人の関係がすごく切なくて、相手が玲奈ちゃんでよかったな」とかみしめるように撮影を振り返った。

 映画は、幕末・京都の花街で島原輪違屋に身を置く天神糸里を主役に、新撰組の芹沢鴨暗殺事件を描く本格時代劇。溝端さんが新選組の土方歳三、塚本さんが芹澤鴨を演じた。この日は、主役の糸里を演じた藤野涼子さんが仕事の関係で欠席し、ビデオメッセージが上映された。

おすすめの記事