★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 「劇団EXILE」の町田啓太さんが12月1日、東京都内で行われた映画「jam(ジャム)」(SABU監督)の初日舞台あいさつに、同劇団の青柳翔さんらと登場した。司会者から「変態的な男・タケルを演じた」と紹介された町田さんは、撮影秘話を聞かれ、「監督から“いやらしくやって”と言われて演じたのですが、けっこうカットされました」と苦笑い。続けて、「僕が(変な顔をして)リップクリームを塗るシーンを見た女性スタッフが『キモい』と。すごくうれしかった。大成功でした」と満面の笑みを見せた。
 
 映画は、EXILE HIROさんプロデュースの完全オリジナル作。舞台あいさつでは、EXILE HIROさんのビデオメッセージがサプライズで流れ、「jamプロジェクト」が始動し、映画の続編が製作されることなどが発表された。青柳さんは「初日公開を迎えられてうれしいです! まずはjam1を見ていただいて、2を楽しみにしていただきたい」と呼びかけた。

 舞台あいさつには町田さん、青柳さんのほか、鈴木伸之さん、秋山真太郎さん、八木将康さん、小澤雄太さん、小野塚勇人さん、佐藤寛太さん、野替愁平さん、SABU監督も出席した。

 映画は、劇団EXILEが総出演する作品。刑務所からシャバに戻ったテツオ(鈴木さん)は自分を刑務所送りにしたやくざに復讐(ふくしゅう)するため、やくざ事務所に単身殴り込みをかける。一方、場末のアイドル演歌歌手・ヒロシ(青柳さん)は、ある日コンサートを終えると、ファンの昌子(筒井真理子さん)に付きまとわれ、彼女の自宅に監禁されてしまう。そして、瀕死の重傷を負った大切な彼女の意識回復だけを望むタケル(町田啓太さん)は、“善(よ)いこと貯金”をすれば意識が戻るのではと信じ、毎日必死に生きていた。テツオ、ヒロシ、タケルの物語が交錯していくストーリー。

おすすめの記事