★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の真野恵里菜さんの主演映画「青の帰り道」(藤井道人監督)が12月7日、全国公開される。7人の若者たちによる青春群像劇。群馬県前橋市と東京を舞台に、地元に残った者、夢を追って上京した者の人生が交錯しつつ、未来へ進む姿を描く。歌手を夢見て上京したカナ、という自身の役に「私と重なる部分があった」と思い入れを持つ真野さんに、新たな発見をしたという“セーブしない”自身の演技、作品の魅力についてなどを聞いた。

 2008年に東京近郊の町で高校を卒業した7人の若者の3年後、挫折する者、希望を見失う者、予期せぬことに苦しむ者と、思い通りにいかない人生に苦悩する7人の心には、あの懐かしい「道」が宿っていた……という物語。

 清水くるみさんが、カナの親友で、家族とうまくいかず上京を決めたキリ、横浜流星さんが漠然とデカイことをやると粋がっているリョウ、森永悠希さんが地元で浪人をしているタツオ、戸塚純貴さんと秋月三佳さんができちゃった婚で結婚を決めたコウタとマリコ、冨田佳輔さんが大学進学で上京するユウキを演じている。

おすすめの記事