★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 ボーカル・ダンスユニット「M!LK(ミルク)」の佐野勇斗さんと俳優の本郷奏多さんが1月25日、スペースFS汐留(東京都港区)で開かれたダブル主演映画「凜-りん-」(池田克彦監督、2月22日公開)のプレミアム試写会に登場。本郷さんとの初共演について佐野さんは「事務所の先輩なんですが、(私が)事務所に入る前から知っています。ミステリアスな役が多い印象で、そういうイメージを持っていたら違った。優しくて、LINEを交換してくれたりして、優しい兄貴です」と語った。

 一方、本郷さんは、佐野さんの印象を聞かれると「真っすぐ可愛い子って感じです。(撮影で)ずいぶん一緒にいましたが、一瞬たりともダークな部分が見えないのでいい子なんだろうなと思います。今のところ……」と答えて、観客を笑わせていた。試写会には、須賀健太さん、亀田侑樹さん、櫻井圭佑さん、平祐奈さん、石田ひかりさん、池田監督も出席した。

 お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さんが脚本を書き下ろし、2007年12月に上演された舞台作品が原作。「100年に一度、子供が消える」という神隠しの伝説が伝わる村の学校を舞台にした青春群像サスペンス。

おすすめの記事