黒人刑事が白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入した実話を映画化した『ブラック・クランズマン』主演のジョン・デヴィッド・ワシントンと、スパイク・リー監督にインタビュー。

〜映画の見どころ〜
『ドゥ・ザ・ライト・シング』などのスパイク・リーがメガホンを取り、第71回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した実録ドラマ。1970年代末のアメリカを舞台に、2人の刑事が過激な団体で潜入捜査する。ドラマシリーズ「Ballers/ボウラーズ」などのジョン・デヴィッド・ワシントン、『ハングリー・ハーツ』などのアダム・ドライヴァーのほか、ローラ・ハリアー、トファー・グレイス、アレック・ボールドウィンらが出演する。

〜あらすじ〜
アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署に、初の黒人刑事として採用されたロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は、捜査のために電話で白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)のメンバー募集に応募する。黒人であることを隠して差別発言をまくし立てた彼は、入会のための面接に進み、彼の代わりに白人の同僚刑事フリップ・ジマーマン(アダム・ドライヴァー)が面接に向かう。

作品情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0023600
公式サイト:http://bkm-movie.jp/
(C) 2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

#BLACKKKLANSMAN

おすすめの記事