★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 ダンス・ボーカルグループ「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」の登坂広臣さんと女優の中条あやみさんが2月13日、東京都内で行われたダブル主演映画「雪の華」(橋本光二郎監督)の大ヒット御礼イベントに登場した。イベント終盤、「感謝の気持ちを込めまして、皆さんがお帰りになるのをお見送り……」と登坂さんが“サプライズ”を切り出すと、会場から大歓声が上がった。その反応に登坂さんは、「そんなにびっくりすること?」と笑いながら驚いていた。

 この日はバレンタインの前日ということもあり、司会から「キャストの中でチョコをあげるなら?」と聞かれた中条さんは、「誰にしようかな。やっぱり、やっぱり……」とじらした上で、「やっぱりお母さん(を演じた高岡早紀さん)」と回答。すかさず隣にいた登坂さんは「おいっ!」と突っ込み、「ハマケン(浜野謙太)さんだったら本当に悔しがっていた」と語った。

 さらに登坂さんは「三代目メンバーからチョコをもらうなら?」と話を振られると、「まったくいりません。全然いらないです。あげたいもない。誕生日はプレゼントをあげたりしますけど。バレンタインにやっていたら気持ち悪くないですか」と苦笑いを浮かべた。

 映画は、幼いころから病弱で、余命宣告を受けながらも憧れの地フィンランドに行くことを夢見る平井美雪(中条さん)と、ガラス工芸家を目指す青年・綿引悠輔(登坂さん)の東京とフィンランドを舞台にしたラブストーリー。ひったくりに遭ったことをきっかけに悠輔と出会った美雪は、真っすぐな彼に引かれていく。悠輔の働く店が危機に陥っていることを知った美雪は「私が出します、100万円。その代わり1カ月間、私の恋人になってください」と期間限定の恋を持ちかける……という展開。

おすすめの記事