★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 俳優の佐藤健さんが2月23日、東京都内で開かれた主演映画「サムライマラソン」(バーナード・ローズ監督)の公開記念舞台あいさつに共演の青木崇高さんらと登場。劇中の佐藤さんと青木さんの殺陣のシーンについて、実写映画「るろうに剣心(るろ剣)」の緋村剣心(佐藤さん)と、剣心の相棒・相楽左之助(青木さん)のコンビネーションは生かされたかという質問があり、佐藤さんは「チャンバラでなく、殺し合って見えるよう……」という要望が監督からあったことを明かした。

 「るろ剣」の質問が出ると、青木さんは他作品を出すことにためらう様子を見せたが、佐藤さんは「事実ですから」と気にせずトークを続け、「(るろ剣では仲間なので)同じ方向を向いていたのが、今度は向き合うということでしたね。(殺陣のシーンは)結構2人で作りました。練習もしっかりやって。リアルに近い殺陣を見せて……」と話していた。

 また海外の人にはどこを見てほしいかという質問に佐藤さんは「和の心ですね。キャストには大和魂があって、所作の美しさ、着物の着こなし、日本語の美しさなどキャストから醸し出されてくるものがあると思っている。それを感じていただけたらうれしい」とアピールしていた。舞台あいさつには、小松菜奈さん、森山未來さん、染谷将太さん、小関裕太さん、竹中直人さん、ローズ監督も出席した。

 映画は、日本マラソンの発祥といわれる史実「安政遠足(あんせいとおあし)」を描いた土橋章宏さんの小説「幕末まらそん侍」(ハルキ文庫)が原作。外国の脅威にさらされた幕末、安中藩主の板倉勝明(長谷川博己さん)は藩士を鍛えるため、15里(約58キロ)の山道を走る遠足を開催したが、この動きが幕府への反逆とみなされて刺客が送り込まれる……というストーリー。

おすすめの記事