★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 アニメ「黒子のバスケ」の黒子テツヤ役などで知られる声優の小野賢章さんが主演を務める実写映画「お前ら全員めんどくさい!」(宝来忠昭監督)の初日舞台あいさつが2月23日、池袋HUMAXシネマズ(東京都豊島区)で行われ、小野さんら出演者が登場。実写映画初主演となった小野さんは「初主演かあ……。アニメとか舞台では(主演の)機会はありましたが、僕がかあ……と思っていました。台本を読んで、主演とはいえ、主役は女性陣だと思い、(女性陣に)思い切り振り回されていくぞ!となりました。振り回されて面倒だったけど、楽しかったです。こんな僕ですみません……。本当に感慨深いです」と語った。

 小野さんは高校教師の國立国彦を演じ「(声優としては)10代後半、20代前半、世界を守ったり、命を懸けてばかりですが、僕は29歳なので、等身大でやれば、大人になるのかな?と思いました。生徒と先生の立場をしっかり意識していたら、大人に見えるのかな?と撮影させていただきました」と明かした。

 舞台あいさつには、小宮有紗さん、茜屋日海夏(あかねや・ひみか)さん、大原優乃さん、都丸紗也華さん、宝来監督も登壇した。

 映画は、マンガ配信サイト「COMICメテオ」で連載中のTOBIさんのマンガが原作。高校教師の國立国彦が、泣き虫にツンデレ、肉食女子、女王様キャラなど、個性豊かな女子生徒たちに恋のアプローチをかけられ、振り回される……という学園ラブコメディー。

おすすめの記事