★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 映画「十二人の死にたい子どもたち」(堤幸彦監督、公開中)の本編映像の一部が2月5日、公開された。映像には杉咲花さん演じるアンリと橋本環奈さん扮(ふん)するリョウコが、緊迫した雰囲気が漂う廃病院で互いの“死にたい理由”を巡って口論するシーンが収められている。

 若手人気女優2人が激しい演技バトルを繰り広げたこのシーンは、既に映画を見た観客から「熱演すぎ。もはや見ちゃいけないもの見た気になった……!」「女子同士の見ちゃいけないケンカを目撃した気持ちになる」と言った声がSNS上で飛び交うなど、話題を呼んでいる。

 映画は、「天地明察」や「マルドゥック・スクランブル」で知られる冲方丁さんの小説が原作。死に方やタイミングが全員一致することをルールに、集団安楽死をするために廃病院に集まった12人の未成年の前に、13人目の死体が現れる。12人は、不測の事態を前に議論し、状況から謎を推理する……というサスペンス。杉咲さんと橋本さんのほか、新田真剣佑さん、高杉真宙さん、北村匠海さん、黒島結菜さんらが出演している。

おすすめの記事