★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の松井玲奈さんが2月8日、東京都内で行われたオムニバス映画「21世紀の女の子」の初日舞台あいさつに登場した。短編の一つ「reborn」に主演した松井さんは、オーディションの際、「潜在的に自分が持っている“女の子”というものを試されているような気がした。いろんな監督さんが思う“21世紀を生きている女の子”というイメージを、演じる側が具現化していくんだろうなと感じていたので、いつにない緊張感がありつつも不思議なパワーがみなぎるオーディション会場で、すごく楽しかった」と振り返っていた。

 「21世紀の女の子」は、山戸結希監督が企画・プロデュースを務め、自身を含めた1980年代後半から90年代生まれの新進映画監督15人が、“自分自身のセクシャリティーあるいはジェンダーが揺らいだ瞬間が映っていること”を共通のテーマに8分以内の短編で表現するオムニバス作品。

 松井さんは台本を手にした時の印象を、「今まで見たことがないシステムの台本だった」と驚いたことを明かし、「黒い字と黄色い字と青い字と赤い字があって、(各色の文字それぞれで)一人の人間のいろいろな内面の部分が描かれているんだと思い、それをひもといていくのが楽しかった」と役作りについて語った。

 舞台あいさつには、「離ればなれの花々へ」主演の唐田えりかさん、「粘膜」主演の日南響子さん、山戸監督、加藤綾佳監督、坂本ユカリ監督も登場した。

おすすめの記事