流川(松本穂香)は、柳(松尾諭)を年収2000万円の社長に仕立てて、“パパ活”の実態を調査することに。マッチングアプリで約束したバーにやってきたのは、23歳の優那(小野莉奈)だった。高収入社長に“パパ”になってもらえると期待した優那は、まるで金持ちに
見えない柳にガッカリし、帰ろうとする。そこで柳が、高級時計などを見せつけエサをまくと、態度を一変。一緒に酒を飲もうと甘えた声で誘ってくる。さらに柳を「カッコいい」とまで言いゴマをする優那。一方の柳は、すっかり上機嫌で酒も進む。そんな様子を監視していた流川は、優那がトイレから戻ったら、ネタをバラして説教しろ、と指示。ところが、柳が会計を頼むと、店長・和田(中尾暢樹)から高額な支払いを迫られる。驚いた柳がぼったくりだと文句を言うと、今度は強面の店員(マフィア梶田)が出てきて脅される。警察を呼んだら一発アウトだという柳に、和田は、優那は未成年だと告げ、柳が窮地に追い込まれたところに流川がカメラを持って登場する。
詳しくは番組HPをチェック!https://www.fujitv.co.jp/JOKERFACE/

おすすめの記事