この春の「滝沢歌舞伎ZERO」の主演に大抜擢されたのは、ジャニーズJr.の人気ユニット、Snow Man。
初日が近づくにつれ、稽古は激しさを増していく。体を動かす稽古のみならず、メンバーは白塗りや隈取といった歌舞伎独自の化粧にも初挑戦。しかも、本番ではわずか8分の間に化粧を仕上げなければならず、そのプレッシャーは計り知れない。そして重要な演目、太鼓でセンターを任された佐久間大介、向井康二、目黒蓮の前に、高速回転する3人乗りの巨大装置「メカ太鼓」も登場する。
また、これまで滝沢が魅せてきたフライングを引き継ぐ宮舘涼太は「越えていきたいのは今までの自分」と語る。滝沢が演じてきたものを、Snow Man一人一人が引き継ぎ、更なる高みを目指さなければならない。その責任と自覚が、メンバー全員に芽生えてきていた。それを表すかのようにいつもは明るいムードメーカーの佐久間が、稽古場で声を荒げる場面があった。佐久間は、芝居に集中できず緊張感に欠ける後輩のジャニーズJr.を厳しく指導する。「まだ全然足りてない」「お客さんの前で観せられない」と厳しい言葉を後輩に投げかける佐久間。その言葉の根源には観客全員に熱を届けたい、感動させたいという佐久間の強い願いがあった。

そしていよいよ、Snow Manは初日を迎える歌舞伎発祥の地、京都に入る。『滝沢歌舞伎ZERO~Snow Man、飛躍の大舞台へ~』episode3は3月22日 (金)25:35~フジテレビにて放送。

「RIDE ON TIME」はFOD (フジテレビオンデマンド)にて配信中!
【公式ホームページ】→ https://www.fujitv.co.jp/RIDEONTIME/index.html

おすすめの記事