★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 俳優の千葉真一さんを父、新田真剣佑さんを兄に持ち、2018年に芸能界入りした眞栄田郷敦さんが、3人組バンド「MONGOL800」(モンパチ)の楽曲を基にした映画「小さな恋のうた」(橋本光二郎監督、5月24日公開)で役者デビューを果たすことが3月13日、分かった。

 映画は、昨年行われたモンパチのデビュー20周年記念ライブでメンバーによって製作が発表。昨年末からSNSに出演キャストと思われる人物が楽器などを手にそれぞれの「小さな恋のうた」を歌う特別PVが解禁されていたが、キャスト、監督、ストーリーなどすべての情報が明かされぬまま、この日の完成報告会見、世界最速上映での発表となった。

 会見には、主人公の真栄城亮多役の佐野勇斗さんをはじめ、森永悠希さん、山田杏奈さん、鈴木仁さん、トミコクレアさん、世良公則さん、橋本監督も出席。眞栄田さんは「デビュー作で、こんなに素晴らしい作品。キャストのみなさん、監督、スタッフのみなさんも温かくて、環境に恵まれたなと思っています。これを当たり前だと思わず、初心の心を大事に今後もやっていきたいと思っています」と力強く語った。

 今作はバンドの楽曲の生まれた土地や歴史に思いをはせたオリジナルストーリーとなり、キャスト陣はクランクイン前から半年にわたる楽器練習にも挑んだ。

 主人公を演じる佐野さんも「音楽に興味がなかったけれど、授業を受けていたら、音楽室からこの曲が聴こえてきた。メロディーだけで“一目ぼれ”した。初めてのCDならぬ、初めてダウンロードしたのが、この曲」と運命的な曲であることを語っていた。

おすすめの記事