★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 ミュージカル「刀剣乱舞」の石切丸役など“2.5次元俳優”として知られる崎山つばささんが3月9日、東京都内で行われた主演映画「クロガラス1」(小南敏也監督)の舞台あいさつに登場。劇中で“解決屋”のリーダー、黒斗を演じた崎山さんは、今作が映画初出演で初主演。崎山さんは「僕にとって初主演映画なので並々ならぬ思いで撮りました」と感慨深げに心境を吐露し、「(パート)3、4、ないしドラマとか、マンガとか、ゲームとか、そういういろんなところに展開していければいいなと思っている作品でもあるので、皆さんの力で先に続いていけばいいなと思っています」と今後の展開に期待を込めていた。

 舞台あいさつには、黒斗の右腕の悠哉役を演じた植田圭輔さん、女性ハッカー日菜役の最上もがさんも登場。崎山さんは印象的なシーンを聞かれると、劇中で黒斗が机を蹴り飛ばすシーンを挙げ、「結構(な回数)蹴っていたんですよ。蹴るたびに、(最上)もがちゃんがビクッとするっていう……」と撮影エピソードを明かした。最上さんは「ビクッとしちゃいけない役なのに、毎回怖くて。本当に人殺(あや)めているんじゃないかというぐらいの勢いでガッとやるので……あれは怖かったです」と振り返った。

 映画は新宿・歌舞伎町を舞台に、金さえ払えばどんな危険な仕事も引き受ける解決屋“クロガラス”の姿を描いた作品。新人ホストの和輝(西川俊介さん)は、ある日、常連客の舞衣(出口亜梨沙さん)に多額のツケを残したまま姿を消されてしまう。ホストクラブの代表、翔(南圭介さん)からツケの返済を迫られた和輝は、金さえ払えばどんな依頼も引き受ける解決屋「クロガラス」の存在を知り、その事務所へ。そこで出会ったのは、合理主義者のリーダー・黒斗(崎山さん)、黒斗の右腕の悠哉(植田さん)、女性ハッカーの日菜(最上さん)だった……というストーリー。

おすすめの記事