発行部数40万部を突破する佐野徹夜の原作小説を映画化した『君は月夜に光り輝く』で、不治の病“発光病”を患う余命ゼロの少女・まみずを演じた永野芽郁に単独インタビュー。

-映画の見どころ-
第23回電撃小説大賞を受賞した佐野徹夜の原作を映画化したラブストーリー。不治の病を患う少女と、彼女が願うことを代わりに体験する少年のエピソードがつづられる。NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」などの永野芽郁と、『君の膵臓をたべたい』などの北村匠海が主演を務めた。『響-HIBIKI-』などの月川翔がメガホンを取り、甲斐翔真、松本穂香、今田美桜、長谷川京子、及川光博らが共演している。

-あらすじ-
高校生の渡良瀬まみず(永野芽郁)は、死が近づくほど肌が強く光る“発光病”を患っていた。発光病の患者が成人まで生存した例はなく、彼女は病院から出られない。まみずの同級生の岡田卓也(北村匠海)は彼女の願いを実行し、感想を伝えることにする。その“代行体験”を通じてまみずは人生を楽しむようになり、卓也は彼女のことが好きになっていく。

作品情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0023532
公式サイト:https://kimitsuki.jp/
(C) 2019「君は月夜に光り輝く」製作委員会
#永野芽郁 #北村匠海

おすすめの記事