★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」の元メンバーの浅川梨奈さんが3月2日、東京都内で開かれた映画「血まみれスケバンチェーンソーRED」(山口ヒロキ監督)のヒット御礼舞台あいさつに登場した。舞台あいさつは浅川さんが司会を担当し、共演のアイドルグループ「ゆるめるモ!」のあのさんや、日高七海さん、佐野いずみさんとのトーク形式で進行。浅川さんは、冒頭「おそらく“ぐだぐだ”になると思うけど、温かい目で見ていただけたら……」とあいさつし、キャストに次々と質問するなど積極的な司会ぶりを見せたが、途中で「助けてくださーい!」「そろそろ限界が来たので、質問のある方、助けてください」などと観客に呼びかけ、苦笑いを浮かべていた。

 また、劇中でのあのさんとのアクションシーンについて「1回、マジで殴っちゃったことあったもんね」と明かし、「2人とも(作中で)おかしくなって『うわーっ』てやっている(殴り合っている)ときに、1回、マジで(パンチが)当たっちゃって。本当に人間やめたくなった……」と当時を回顧。「終わった後『ごめんごめんごめんごめん』って……。すれすれでアクションやったりするから、怖いよね、やっぱり」と語り、あのさんは「怖いけど楽しかったです」と笑顔を見せていた。

 「血まみれスケバンチェーンソー」は、マンガ誌「月刊コミックビーム」(KADOKAWA)で三家本礼さんが連載していたマンガが原作。映画は、改造チェーンソーを愛する少女ギーコが、マッドサイエンティストのネロら敵と戦う姿を描いている。

おすすめの記事