★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 ミュージシャンの竹原ピストルさんが、俳優の堤真一さんの主演映画「泣くな赤鬼」(兼重淳監督、6月14日公開)の主題歌を担当することが3月14日、分かった。主題歌は同作のために書き下ろした「おーい!おーい!!」で、竹原さんが映画の主題歌を書き下ろすのは初めて。

 竹原さんは「引きずり込まれるように、すっかり親身になりながら、台本を読みました。映画の中でも存分に描かれるであろう事柄たちに野暮(やぼ)な干渉、邪魔をしないように気をつけながら、それでいて、この登場人物のこのときの状況、心境、自分にも身に覚えがあるな……といううっすらとした接点、共感を見つけて、そこから膨らませて書いた歌です。物語をそっとかすめながら、そっと胸に響くような、そんな歌となっていたらうれしいです。すてきな作品に歌で関わる機会をいただけて、幸せです」とメッセージを寄せている。

 映画は重松清さんの短編集「せんせい。」(新潮文庫)の一編を実写化。「赤鬼先生」と呼ばれていた城南工業野球部監督の小渕隆(堤さん)は、甲子園出場一歩手前まで行くも夢かなわず、今では、野球への情熱が衰え、定年間際の中年になっていた。

 ある日、かつての教え子のゴルゴ(柳楽優弥さん)と偶然、病院で再会。野球の素質はあったが、こらえ性のない性格のため挫折し、高校を中退したゴルゴだったが、雪乃(川栄李奈さん)と結婚して家庭を築いていた。しかし、ゴルゴは末期がんで余命半年という。赤鬼はゴルゴのために、かつて彼が挑むはずだった甲子園出場を懸けた決勝戦の再現試合を企画する……というストーリー。

 今回、特報映像とポスタービジュアルも公開された。特報は主題歌「おーい!おーい!!」が使われ、病院のベッドに横たわるゴルゴの姿やゴルゴが小渕に「また野球やりたいな」とつぶやくシーン、「赤鬼は人前では泣かないよ」と語る小渕が涙をこらえる場面などが収められている。

おすすめの記事