★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 NHK連続テレビ小説「まんぷく」で“タカちゃん”こと神部(旧姓・香田)タカを演じ話題となった女優の岸井ゆきのさんが4月20日、東京都内で行われた主演映画「愛がなんだ」(今泉力哉監督)の公開記念舞台あいさつに、共演の成田凌さんらと登場。印象的だったシーンを聞かれたマモル役の成田さんはテルコ役の岸井さんとのキスシーンを挙げ、「OKが出たら、岸井さんが監督のところに行ってこそこそ話しているなと思ったら、監督から『岸井さんが今のキスじゃ芝居できない』って、言われたんです」と明かし、岸井さんは苦笑いを見せた。

 舞台あいさつに出席した今泉監督は「岸井さんがOKを出した後に相談に来ることはなく、そのシーン1回だけ。『(マモルがテルコに)愛情がないとかは分かっているけど、肉体すらも求められていない気がする』っていう話になり、『もう1回だけやらせて』って言ってきた。(次は)熱量があるキスシーンになってしまって『それは違う違う』ってなって。(熱量を)微調整していきました」と振り返った。監督の言葉を聞いた成田さんは「さじ加減が難しかったです。だからこそ、丁寧に演じていました」と語り、岸井さんは、成田さんの言葉にうなずいていた。

 同作は、直木賞作家の角田光代さんの同名小説(角川文庫)が原作。28歳の女性会社員・テルコは友人の結婚パーティーで偶然出会ったマモルに一目ぼれ。思いを募らせたテルコは、仕事を失いかけても自分の時間のすべてをマモルにささげ続ける。しかし、2人の時間を重ねるほど突きつけられるのは、「マモルにとってテルコは都合のいい女」という現実。それでも追いかけ続けるテルコだったが、ある日、マモルの態度が急に冷たくなり、連絡が途絶えてしまい……というストーリー。舞台あいさつには、共演の深川麻衣さん、若葉竜也さんも出席した。

おすすめの記事