映画『愛がなんだ』公開記念舞台挨拶に岸井ゆきの、成田凌、深川麻衣、若葉竜也、今泉力哉監督が登場。撮影時の裏話や作品への反響について明かした。

〜見どころ〜
『八日目の蝉』『紙の月』などの原作で知られる直木賞作家・角田光代の恋愛小説を映画化。好きになってくれない相手をいちずに追う女性の恋模様を描く。ヒロインに『おじいちゃん、死んじゃったって。』などの岸井ゆきの、彼女を翻弄(ほんろう)する男性を『ニワトリ★スター』などの成田凌が演じる。『パンとバスと2度目のハツコイ』などの今泉力哉がメガホンを取った。

〜あらすじ〜
28歳の会社員・テルコ(岸井ゆきの)は、マモル(成田凌)のことが好きになって以来、仕事や友人がどうでもよくなるほどマモル一筋の生活を送っていた。一方、マモルにとってテルコは、ただの都合のいい女でしかない。ある日、二人は急接近しテルコは有頂天になるが、突然マモルからの連絡が途絶えてしまう。

劇場公開日:2019年4月19日
映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0023174
公式サイト:http://aigananda.com/
(C) 2019『愛がなんだ』製作委員会

#岸井ゆきの #成田凌 #愛がなんだ

おすすめの記事