★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の松岡茉優さんが4月26日、東京都内で開催された、劇場版アニメ「バースデー・ワンダーランド」(原恵一監督)の初日舞台あいさつに登場。舞台あいさつには杏さん、麻生久美子さん、市村正親さん、原監督も出席。松岡さんは「初めて見たとき、クライマックスシーンの濃度、密度がとてつもなくて。初めての経験をしたと思って、その時流した涙は、子供の時の涙ではないかと思うぐらい、ピュアな涙だったと思います」と明かした。

 杏さんも「色とりどりで、名前の付いた色は全部出ているんじゃないかな。数え切れないぐらい、いろんな景色が見られたので、もっと端っこまで見てみたいと思える映画なんじゃないかなと思います」と笑顔でコメント。麻生さんは「今回の作品をまだ、映画館で見られていないので、普通に子供と映画館に見に行こうと思います」と話した。

 「バースデー・ワンダーランド」は、柏葉幸子さんの児童文学「地下室からのふしぎな旅」(講談社青い鳥文庫)が原作。誕生日の前日、自分に自信がないアカネの目の前に、謎めいた大錬金術師のヒポクラテスと弟子のピポが現れ、“幸せな色に満ちたワンダーランド”に無理やり連れて行かれ、大冒険を繰り広げる……というストーリー。アカネの声を松岡さん、一緒に旅に出る叔母さんのチィを杏さん、アカネの母を麻生さん、ヒポクラテス役を市村さんが担当している。

おすすめの記事