★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 俳優の西島秀俊さんが4月22日、東京都内で行われた映画「空母いぶき」(若松節朗監督、5月24日公開)の完成披露試写会に登場。空母「いぶき」の艦長・秋津竜太役を演じる西島さんは、同作について「ついに日本映画もここまで来たか」と感想を吐露。「リアルな戦闘シーン、深い人間ドラマ。必ず皆さんが感動する作品に仕上がっています」と自信を見せた。

 「いぶき」の副長・新波歳也役を演じる佐々木蔵之介さんは、「映画化すると聞いてひるみました。怖いなと思ったんです」とためらいを明かしつつ、「でもプロデューサーがこれは戦争映画ではない、平和のための映画だとおっしゃって。その覚悟をもって出演させていただきました」と振り返った。

 完成披露試写会には本田翼さん、小倉久寛さん、高嶋政宏さん、玉木宏さん、戸次重幸さん、市原隼人さん、片桐仁さん、和田正人さん、平埜生成さん、土村芳さん、深川麻衣さん、山内圭哉さん、中井貴一さん、村上淳さん、吉田栄作さん、藤竜也さん、佐藤浩市さん、原作者のかわぐちかいじさん、企画の福井晴敏さん、若松監督も出席した。

 映画は、「沈黙の艦隊」などで知られるかわぐちさん作、惠谷治さん監修で、マンガ誌「ビッグコミック」(小学館)に連載中のマンガが原作。架空の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を舞台に、国籍不明の軍事勢力から襲撃を受けた非常事態下の日本において、それぞれのやり方で平和を守ろうとする人々の熱い戦いを描く。

おすすめの記事