★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の劇場版(7月26日公開)のタイトルが「劇場版仮面ライダージオウ Over Quartzer(オーヴァー クォーツァー)」になり、同劇場版のゲストとして、ダンス・ボーカルグループ「DA PUMP」が出演することが5月22日、分かった。同グループは歴史の管理者と名乗る謎の集団・クォーツァーを演じる。また、同グループが主題歌を担当することも発表された。映画主題歌を担当することは現在の7人体制では初という。

 同日、東京都内で「仮面ライダージオウ」「騎士竜戦隊リュウソウジャー」の劇場版の製作発表記者会見が行われた。

 「仮面ライダージオウ」は、2000年にスタートした「仮面ライダークウガ」から続く「平成仮面ライダー」シリーズの20作目の記念作で、最後の平成仮面ライダー作品となる。主人公の常磐ソウゴ(仮面ライダージオウ、奥野壮さん)は、時空を旅して、歴代平成仮面ライダーたちと出会いながら、「最高最善の魔王」になろうとする。“レジェンドライダー”などの出演も話題となっている。

 「劇場版仮面ライダージオウ Over Quartzer」は、平成仮面ライダー“最後の劇場版”で、史上最大のクライマックスが描かれるという。田崎竜太監督がメガホンをとる。

 この日の会見には、DA PUMPのほか、メインキャストの奥野さんと押田岳さん、大幡しえりさん、渡邊圭祐さん、田崎監督も出席した。

おすすめの記事